目の下のたるみの事ならタルミちゃんにおまかせ!!

はじめまして!タルミちゃんです。

image84

「目の下のたるみ」って嫌ですよね。
目の下がたるんでいるだけで、なんだか凄く歳を取ってしまったかのように見えてしまいます。

私もそうでした。
30台の半ばくらいから少し気になるようになって、30代後半に突入したら朝から目の下のたるみが気になる程でした。

でも、大丈夫!

このサイトをご覧いただければ、その目の下のたるみが解消できるかもしれません。
私だけの意見ではなく、多くの美容ライターさんの意見も掲載しておりますので、より中立的な立場のサイトになっております。

それではまずは美容ライターさんのアドバイスからご覧ください。

美容ライターが教える目の下のトラブル解消術

image67

毎日の簡単マッサージで目元のたるみ予防

私は今年43歳になりました。顔のたるみが気になってくる年頃だと思いますが、幸いにも気になったことがありません。
それは、若い頃から無意識にやっていた、目元の簡単マッサージにあるのではないかと思っています。
本当に簡単なものです。

毎日の洗顔の後、スキンケアをしますよね?その時についでみたいに行っています。
私の場合は、化粧水を塗り、オールインワンゲルを塗っているのですが、ゲルを塗るときに目元のマッサージをします。
目を瞑り、内側から外側にやさしく伸ばすようにマッサージ。
次に目を開けて、目の下を、やはり内側から外側に向けて、やさしく伸ばすようにマッサージ。
たったそれだけです。

image123

オールインワンゲルなので、美容成分も肌に浸透しているのだと思います。
そのゲルはアンチエイジングにも効果のあるものみたいなので、そのおかげもあるのでしょうか。

ゲルなので滑りもよく、肌を傷つけたりもありません。
人によっては、ケアに乳液や美容液などを使われていると思うので、そういう肌の上で伸ばす、とろみなどのあるタイプのものでマッサージするとよいのかな、と思います。

簡単な方法ですが、そういうもののほうが長続きして、効果も出るのではないかと思います。新たに専用クリームなどを購入するのもお金がかかりますしね。
まずはお手軽な方法から試してみたらいいのではないでしょうか。

マッサージによりクマが劇的に薄くなりました!

私は30代後半ですが、随分昔、周りがクマを気にしないような中学生時代からクマが濃く出ていて気にしていました。クマがあることで、顔色が悪く映り体調も悪くないのに、「体調悪い?顔色悪いよ」と言われたこと数知れず。

image101

肌が白く目の下の血管がはっきりと見えているため、クマが良く目立つ顔立ちだと思います。クマを薄くするために、雑誌で掲載されているマッサージをし始め、格段に薄くなりました。マッサージのやり方は、両方の手の人差し指から薬指までの3本の指をおでこの真ん中に当て、心地いいと感じる程度の圧力をかけながら、こめかみ部分までスルスルと移動。

両方の手の中指の腹を左と右の目の端にあてて、目の下に固くある骨の上をなぞっていき目頭まで動かし、目尻まで持っていく。これを3回程度繰り返します。直ぐには薄くはなりませんが、諦めず根気良く3ヶ月程度続けた後、姉からクマが薄くなたのでは?と言われるほど薄くなりました。

マッサージで薄くなるということは、血行が良くないこともあるだろうと思い、マッサージを湯船につかり半身浴をしながらゆっくり行うようになり、クマが随分薄くなりました。しかしながら、子育てに追われている現在の私は、そんなことをする時間はないため、濃くなってきてしまったクマを化粧で隠しております。とほほ。

また、子育てがひと段落したら、マッサージなど美容に力を入れていきたいです。肌は大切にすればするほど綺麗になると実感したからです。

アイクリームとアイパックでクマを撃退

私は20代前半から目の下のクマが目立つようになり、
コンシーラーを使ってなんとか化粧で誤魔化していました。

image218

でもその方法を続けていると今度は目の下にシワやたるみが出てきて、厚塗りしても化粧では誤魔化せなくなってきたので、きちんとスキンケアでお手入れをするようになりました。

私の場合は夜お風呂から上がったら、化粧水で肌を整えた後に、アイゾーン専用のクリームを塗り、その上から美容液を塗って、最後に乳液をつけています
あまり付けすぎもよく無いらしいので、最後に顔にティシュを軽くあてて、余分な脂分を拭き取るようにしています。

そして、週に1度はアイゾーン専用のアイパックで保湿するようにしています。(シャネルとSK-Ⅱがお気に入りです)そして、寝る前には目の下からこめかみにかけてユックリ指で押しながら軽くマッサージをしています。

きちんとスキンケアをするようになってからは、顔全体が明るくなりました。体質なのか、完全にクマが無くなる事は無く、どうしても少しクマは残りますが
パウダーファンデーションだけで隠れるようになりました。

夜寝る前のスマホ操作も美容に悪く、クマの原因になると聞いたので辞めました。あとは睡眠時間をタップリ取って寝不足によるクマを作らないよう心掛けています。

目の下のたるみが何よりも優先でいいのでしょうか?それだけじゃ解消できない時はスキンケア全体を見直してみて!

スキンケアで気をつけることの一つが余分なものを落とすことです。
肌に残らないように気をつけて、メイク落としをしないとそれが原因で、肌のトラブルが起こってしまうでしょう。

けれど、丁寧すぎるほど丁寧に洗ってしまうと、本来必要な分の皮脂を取りのぞいてしまって、カサカサの肌になってしまいます

image169

また、適切な洗い方とはやり方といったものがあり、クレンジングを正しく行うようにして下さい。
あなたはスキンケア家電が密かに注目を受けていることを知っていますか。

外に出かける必要も、時間をわざわざ作る必要もなく、エステティックサロンで体験するフェイシャルコースと同様にお肌の手入れが可能なのですから、もちろん、皆の評判になりますよね。
入手したのは良いものの毎回使うことが億劫になってしまうことだってあります。

いち早く購入に走るのではなく、自分にとってそれが使いやすい品なのかもよくよく考えて、見極めてください。
アンチエイジング成分配合の化粧品を使うことで、老化の象徴であるシワやシミ、たるみなどが進行を遅くすることができます。

かといって、アンチエイジング化粧品を使用していたところで、生活習慣が乱れていれば、肌の老化に追いつけず効果は感じにくいでしょう。
肌に体の中から働きかけてケアすることもポイントです。

お肌のお手入れのときには、保湿剤を塗ることや、丁寧なマッサージをするといったことが効果があります。
ですが、お肌に内側からケアをするということも実はもっと重要なのです。

生活リズムが不規則だったり、喫煙などは、高価な化粧品を使用していても、肌の状態を悪化させる一方です。
生活のリズムを整えることにより、体の内部からのスキンケアにつながります。

image196

どんな方であっても、スキンケア化粧品を選ぶ際に気をつけることは、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をできるだけ含まないものを大変重要です。
保存料などは刺激が強くかゆみ・赤みなどの肌トラブルを引き起こしがちなので、配合成分について、きちんと確認しましょう。

また、CMや口コミに飛びつかず自分に合ったものを選ぶことが大切です。
スキンケアには順序があります。
きちんとした使い方をしないと、効果をほとんど得ることができなくなります。

顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。
肌に水分を与えることができます。
スキンケアの際に美容液を使うタイミングは化粧水の後になります。

続いて、乳液、クリームと続きますが、これでお肌の補水をしっかりとしてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。
オイルはスキンケアに欠かせないという女性も最近よく耳にします。

毎日のスキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、ますます保湿力が上がり、乾燥知らずのお肌になるでしょう。
選ぶオイルの種類によっても様々な効果が表れますので、自分の肌に合った適度なオイルを使ってみるといいでしょう。

image303

質が重要ですので、オイルを選ぶ際は、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。
お肌をきれいに保つのにオリーブオイルでケアする方も少なくありません。
メイク落としにオリーブオイルを塗っているとか、マスクのように包み込んでみたり、小鼻の毛穴の皮脂づまりを取り除いたりと、利用の仕方はそれぞれあるようですね。

かと言っても、上質なオリーブオイルをつけないと、お肌に支障が出ることもあります
そしてまた、自分には違うなと思った時も早めに使うのをやめて下さい。

ツボに効くハンドマッサージやエステ用に開発された機器などで特に春先に気になる毛穴の汚れを見事に取ってしっとり・すべすべにしてくれます。
肌の血行不良も改善されますから肌の状態が生き生きしてきたと感じています。

スキンケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと乾かないようにすることです。
肌に汚れが残っていると肌に問題が発生します。
そして、肌の乾燥も内側の水分が逃げていかないようにする機能を弱めてしまうので、絶対に保湿を行ってください

しかし、保湿しすぎるのも悪いことになります。
お肌のケアをオールインワン化粧品で済ませている方も非常に多いです。
スキンケアに使う化粧品をオールインワン化粧品にすると、ぱぱっとお手入れ完了なので、日常的に使われる方が増えるのも納得です。

化粧水や乳液、美容液など色々揃えるよりもお財布にも優しいのが特徴です。
ただ、商品が合わないといったこともございますので、配合されている成分がお客様のお肌に合っているかどうかをご確認ください。

肌のケアをする方法は状態をみて変化をつけなければなりません。
肌の状態は毎日変わっていくのに同じやり方で、「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていれば大丈夫ということはないのです。

今日は乾燥ぎみかな?と思えばたっぷりと保湿をしてあげたり刺激の大きいケアは生理前などの体にも影響がありそうなときは使わないというように分けておこなっていかなくてはならないのです。
そして、季節も変われば肌の状態も変わっていくので、ケアの方法も方法を使い分けることもお肌のためなのです。

image341

女性の中には、スキンケアなんて今までした事が無いという人もいるようです。
スキンケアは全く行わず肌由来の保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。
でも、メイクをした場合、クレンジングは必須ですし、クレンジングをして、そのまま放置すれば肌の乾燥が加速します。

週末だけとか、月に数回の肌断食はいいですが、必要があれば、スキンケアをするようにしてください。
乾燥肌のスキンケアで大事なことは一にも二にもまず保湿です。
それに、皮脂を完全に落とさないということも大事なことです。

高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまってさらに乾燥に拍車がかかってしまいます。
洗顔に際してお湯を使いますが熱すぎるとかえって肌に負担をかけます。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、洗顔も大切なので常に意識しておきましょう。
ここのところ、スキンケアにココナッツオイルを利用する女の方が劇的に増えています。
化粧水をつける前後のお肌に塗ったり、既にご使用になっているスキンケア化粧品に混ぜて使うだけでいいんです。

メイク落としにも利用でき、マッサージオイルとして使っている方もいらっしゃいます。
当然、食べる事でもスキンケアにつなげることができます。
ですが、体に吸収されるものですので質の良さには十分に気を使って選んでくださいね。