目元ケアにはクレンジングの見直しと保湿が大事だが目の下のたるみとクマを解決できる美容医療も良い

目の下のたるみやクマの改善のためには、まずアイメイクのクレンジングと洗顔後の保湿状態を見直すことが大切です。
目のまわりの皮膚はとても薄いので、なるべく肌に負担がかからないように化粧落としをする必要があります。
顔の他のパーツと比べてもアイメイクを入念に施す場合が多いので、一度でマスカラをすっきり落とすために強い力でゴシゴシこすってしまいがちですが、お肌の為にはNGです。

使用しているアイメイクがより落ちやすいクレンジングを見つけることと、ゆっくりと時間をかけて化粧落としをすることで、目の下のたるみやクマの対策になります。

また、洗顔後のケアも重要です。顔全体に保湿クリームを塗った後に、目元専用のクリームをたっぷりと塗って保湿します。
目元専用のクリームはできる限り目の近くまで塗ることを心がけます。目に入るとこわいのでついつい目元付近は避けてしまいがちですが、目元付近がケアのポイントです。

寝る前にクリームを塗った翌朝は、目元にハリが出て、たるみやクマが気にならないくらい改善されています。
目の下のたるみやクマに関わらず、毎日のお手入れを丁寧にすることで数年後、数十年後のコンディションが変わってくると思います。

目の下のたるみもクマも気になる・・・。

年を重ねるに連れてそんな悩みを抱えてくる人が多いです。
もし、この2つが同時に気になっているのであれば、美容医療専門のクリニックでの診察を受ける事をお勧めします。

基本的に目の下のたるみが気になる方のクマと言うのは、たるみの陰が原因でクマに見えている方が多いです。
その為、たるみが気になる方は、この目の下のたるみを解消する事でクマが目立たなくなります。
この目の下のたるみは、美容外科などのクリニックで余分なたるみを取り除く手術があります。

目の下のまつげの生え際を目立たない様に切開し、たるみを取り除く方法です。
美容外科ではとてもポピュラーな施術で症例数も多い為、安心して受ける事ができます。

また、たるみではなく、目の下のくぼみや膨らみが原因で陰になりクマができる方もいます。
その場合は、窪みであればヒアルロン酸のような充填剤を入れたり、もしくはふくらみの場合は、ふくらみの原因となる脂肪を取り除く事で改善されます。

これらが原因の場合は目の下のたるみの除去の手術よりも手術時間やダウンタイムが少ないです。
原因がたるみなのか、ふくらみなのかは、判断が自分では難しい為、一度美容医療機関に相談してみて下さい。
これら以外にもその方の状態や希望、クリニックによって施術方法が異なり、他の方法もあるので、何か所かのクリニックに相談に行くのが良いでしょう。